白いジェルペンを比較してみた


昨年の後半から個人的にブームの白いペン。

いろいろ買ってみて比較をしてみました。

白いジェルボールペンと他のペン

白いジェルボールペンを試してみたくて色々買って試してみました。POSCAとマッキーも一緒に試してみました。

 

ことのはじまりは海外のアーティストさんの動画を見たことでした。黒い紙に白いペンで描くのがとても新鮮だったのです。最初は白いジェルボールペンの存在すら知らずに調べてみたら数種類が販売されている状況でした。

 

基本的にはジェルボールペンを使用して絵を描くのが目的なのですが興味があったのでボールペン以外も買ってみました。以下、実際に書いてみたものを比較のために画像でご覧ください。書いた物をスキャンしてほぼ加工なしの状態です。

 

  • Signo UM-120AC.1 WHITE 0.7 個人的に一番のお気に入りです。もちろんより白くくっきりしてくれたら言うことはないのですけどね。
  • Juice 0.5 WHITE 細い分だけに薄い感じが否めません。イラストに使うには苦しいなと感じました。
  • POSCA(マーカーなので参考までに)POSCAは画材として好きなのですがある程度大きな画面向けですね。細かい作業には向いていない気がします。
  • マッキーペイント(これもボールペンではありません)これは紙には向いていませんでした。プラスチックとかに筆圧高めで書くには良いかもしれません。

白いジェルペンを比較してみた1

 
 

  • Signo UM-100.26ギン0.8 同系列の白に比べてインクの出が良すぎて驚きます。白とは太さが違うようです。くっきりしているので使いようによっては面白いと思います。
  • Juice 0.5  Silver このペンはインクの出と線の太さのバランスが良くイラストにも向いていると思いました。ただ銀色ですので光の反射によって見えたり見えなかったりです。仕方ないですね。でも、面白いペンです。
  • SARASA CLIP 1.0銀 SARASAの他のペンは使いやすいと思っていたのですが、この銀色はインクの粘度が高いのか筆圧を強めにしないと書きづらいです。
  • マッキーペイント(ボールペンではありません)白同様に紙には向いていませんでした。プラスチックとかに筆圧高めで書くには良いかもしれません。

白いジェルペンを比較してみた2

 
 

  • Juice 0.5  Gold 使いやすいと思いますが銀よりも視認性は落ちますね。使いどころを選びそうです。
  • Signo UM-100.25キン0.8 インクの出は銀と同じような感じです。くっきりしているので使いようによっては面白いと思います。
  • SARASA CLIP 1.0金 銀色の比較でもそうなのですが、表記はこちらの方が太い1ミリです。それでも実際はSignoの金や銀よりも細い線が引けます。
  • マッキーペイント(ボールペンではありません)白同様に紙には向いていませんでした。比べてごめんなさい(笑)

白いジェルペンを比較してみた3

 

いかがでしたでしょうか?比較した感じが少しは伝わったでしょうか。

 

個人的に一番良いと思ったのは「Signo UM-120AC.1 WHITE 0.7」でした。下の絵もこのペンで描きました。黒い紙に白い線の絵はとても新鮮です。下の絵もその組み合せで描いた物です。アナログの時はこういう感じで描いております。白ペンはちょっと不思議な感じが出るのでこういったモチーフにも合いそうです。

黒い紙に白いペンの絵

 

ごらんいただきありがとうございました。

 

応援お願いします


人気ブログランキング

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA