アメコミ描き方?


アメコミの描き方!アメコミタッチをどのようにして描くか?

アメリカンコミックに魅せられたのが小学生の頃。

Superman vs. Muhammad Ali Deluxe

「モハメド・アリ対スーパーマン」”SUPERMAN VS. MUHAMMAD ALI” が書店においてあって、いやそれ以前にスーパーマンは知っていたのだけれど、書架の誌面がなんとも言えない雰囲気だったのを記憶している。このコミックが出版されたのが1978年でクリストファー・リーヴのスーパーマンの映画が公開されたのが1979年なので、このあたりでアメコミに目覚めた気がする。まだ子供で小遣いも持っていなくて近所の書店にあったファンタスティック・フォーやマイティ・ソーなんかを立ち読みしていた記憶がある。

とにかくアメコミ独特のスタイルに魅せられ惹かれてしまった

それ以前から絵を描くのことは好きだったけれど当時はアメコミの情報も少なく東京12チャンネル(古っ!)のアニメなど見ていた。スパイダーマンやらゴームズ、怪獣王ターガンなど。この頃からスパイダーマンが特に好きだったな。

話はとび、大人になって「どんな絵を描きたい?」と自分に問いかけ、出て来たのがアメコミ風のイラスト。当然だけれども70年代から現代までアメコミの絵のタッチも変わっている。ヒーロー達の世界観やスーツも変遷を遂げた。

そんな中でも自分の好きだったアメコミの雰囲気を絵にしたくて色々と思考錯誤してみる。

アメコミタッチの絵が描きたい!

アメコミは分業制なんだな。鉛筆で下描きをするペンシラー、インクを入れるインカー、そして色をつけるカラリスト、絵だけでもこれだけの人が関わる。

さて、自分ひとりでこれをやるには?と思い立ってトライしたのが下の絵です。

なるべく手間をかけないで(体力がないので)できないかな?と思ってマンガの原稿用紙に鉛筆で描いてみた。黒も鉛筆できっちり塗ってね。インクを入れる体力がないんです。恥ずかしいけれど。それではどうしたかと言うと原稿用紙をスキャンしてPhotoshopで加工しました。黒のレベルを上げて、アメコミ系のフォントでタイトルと擬音を入れています。

便利な世の中になったなと思うのがコンピューターです。今や自宅でこれだけの作業が出来る。下の絵はスキャンしただけの状態。

アメコミタッチの下描き

ベタは絵自体にはないのでコマ枠のベタをPhotoshopで行いました。それからタイトルと擬音をアメコミ風フォントを使っていれてみる。うん、なんだか画面が引き締まった感じがします。

アメコミタッチの絵のペン入れ状態

更にPhotoshopで色を付けて行く。スーパーマンのパロディなのでコスチュームはこの配色です。Photoshopの塗り方自体は特別な技法ではないので想像していただけたらと思います。

アメコミタッチの絵の色を塗った状態

以上、全3ページの短編アメコミ風マンガの完成です。労力をかけられないのは自分の体力のなさなのですが、本場のアメコミに関わっている方々は本当に情熱をかけて技術も磨いておられるので尊敬以外ありません。なんちゃってですみません。

Photoshopのレイヤー構成はザックリこんな感じです。ドローレイヤーはレイヤーの設定を「乗算設定」にしてあります。参考になるかどうかはわかりませんが…。本場のアーティストさんはかなりソフトを使いこなしているので、そんな動画も最近はYoutubeで見られるようになって、興味深い時代になったなと思います。

アメコミタッチのイラストのレイヤー構成

 

アメコミタッチでインクを入れる!

先ほどの例はペンシルから即Photoshopだったけれど、原稿用紙にペン入れしたものとどう違うのか検証したいと思い作ったのが下の作品。タイトルを”TRUE-KING”といい、これもまた全3ページ(体力ない)です。

まずは原稿用紙にペンシル下描き、ロットリング、筆ペン、マーカーで線をかき分けます。この時はコマ枠もしっかり描いた方が後々に良いとの点からペンでコマ枠の線も書き入れています。それをスキャンしてPhotoshopで黒みを調整します。

アメコミタッチの絵のペン入れ状態をスキャンしたもの

 

続いてPhotoshopでコマ枠を塗りつぶします。これで色塗り作業が出来ますね。注意したのは黒の部分のバランスですね。真っ黒くなりすぎても困るし…ただ、この状態から色をのせて行くのはすごく楽しい作業でした。

アメコミタッチの絵のペン入れ状態2

 

Photoshopで色塗り、擬音、効果音を入れて、吹出しをつけてセリフを入れました。セリフや擬音部分は下描きの時にある程度アタリをとったり、想像して余裕を持たせています。日本人で実際のアメコミアーティストさんの情報ではセリフが乗って製本されてきて初めてこうなったんだとビックリしたみたいな話を読んだことがあります。吹出しも分業なんですね。

アメコミタッチの絵の色を塗ったもの

 

こんな感じで出来上がりました。いかがでしょうか?アメコミチックに見えますか?何はともあれ楽しく作業が出来てクリエイティブになれるのが大きな喜びですね。

ご覧いただき、本当にありがとうございました。

 

お問い合わせはこちら